債務整理のメリット・デメリット徹底解析【気になる基礎情報まとめ】

債務整理のメリット・デメリット徹底解析【気になる基礎情報まとめ】

債務整理のメリット・デメリット徹底解析【気になる基礎情報まとめ】

借金を解決したい希望を持っている人が用いることが多いものとして、債務整理があるわけですが、それぞれの債務整理を行うことを検討している場合にはデメリットについても把握しておくことが重要です。
債務整理には自己破産や個人再生、任意整理などがありますが、いずれの手続きにおいても信用情報機関に事故情報として登録されることになりますので、一定の期間において借り入れが制限されるデメリットがあります。
借り入れが難しくなると考えられる期間としては、自己破産の場合には約7年から10年、個人再生の場合には約7年から10年、任意整理の場合には約5年ほどの期間になります。
家族への信用情報への懸念を心配している人もいると考えられますが、あくまでも債務整理の手続きを行ったときには、制度を利用した本人のみの情報が登録されることになりますので、家族に対する影響はありません。
信用情報として登録されるということは、ブラックリストとして掲載されるという意味になります。
ローンや金融業者の融資サービスに申し込みをしたときには、貸金業者は信用情報機関に申し込み者の登録情報について確認を行います。
事故情報が発生しているときには、普通は貸し付けをしないことになります。
債務整理のうちの自己破産と個人再生の手続きを行ったときには、官報に公告がされます。
任意整理の場合には、官報による公告は行われません。
債務整理としての自己破産をしたときには、職業の制限というデメリットがあります。
保険の外交員や警備会社の警備員、または弁護士や税理士などの職業についても就けないことや、資格の制限などのデメリットがあることを知っておく必要があります。