債務整理するとクレジットカードはいつまで使えないのか知りたい!

債務整理するとクレジットカードはいつまで使えないのか知りたい!

債務整理するとクレジットカードはいつまで使えないのか知りたい!

昨今は、個人向けのカードローンの商品やクレジットカード商品を大手消費者金融業者、ネット銀行、地方銀行を問わずにあらゆる金融機関で販売されています。
その商品の特徴は様々で、カードローンであれば申し込み後その日のうちにすぐ融資を受けられるものなどもあり急ぎでお金が必要な方などに便利に利用できると評判です。
しかし、一歩クレジットカードやカードローンの利用方法を間違えてしまうと、返済に困って新たな借金を申し込みしてしまうなど多重債務になってしまったりという事があります。
多重債務になってしまい、返済ができなくなってしまった時に督促の電話などにびくびくしながら生活をするようになると精神的に追い詰められてきてしまいます。
もしも返済で悩むような事があれば、債務整理を行う事で返済を迫る内容の電話がストップし精神的にも非常に楽になります。
債務整理を行った場合に、今後ずっとブラックリストに掲載されてローンを組んだりクレジットカードを一生使用する事ができなくなってしまうのではないかと、心配される方もいらっしゃいます。
しかし、ブラックリストというものは実際には無いのです。何らかの債務整理を行った場合に事故情報として信用情報機関に登録されるため新たな借金をする事ができなくなりますが、事故情報は債務整理の方法によって5年から7年は記載された後に情報が消えるため、一生ブラックリストに載って二度とローンを利用できなくなるという事は無いのです。